株式会社協和精機

ISO 9001 QMS  
ISO 9001:2008 JQA-QMA 12708  

品質方針

株式会社協和精機は、得意先の満足を得るため「少数精鋭主義」の技術集団によって高品質な商品を提供し利益を得る活動を行う。

  1. 生産活動の段階で品質に及ぼす影響は適切であるように行動する
  2. 法令・規制要求事項は勿論の事、顧客要求事項への適合、 品質マネジメントシステムの継続的改善は全プロセス(全部門)・全階層で推進する
  3. 品質目標は、会社及びプロセス(部門)毎で設定する
  4. 品質方針は職場に掲示し、プロセス(部門)の会議・朝礼などを通じ全社員に理解させる
  5. 経営者は、品質マネジメントシステムについて責任と権限を有しまた、適切性維持の為にレビューを行う
2005年8月22日
株式会社 協和精機
代表取締役社長 立松 重昭